2020年 2月 28日 (金)

日本でのビジネスはなぜ難しいのか
(3-上)「忠誠心」支えた 年功序列、終身雇用

印刷
不動産価格上昇中!不動産の価値は?一括無料査定でチェック!

終身雇用と年功序列が定着は第二次大戦後

   終身雇用と年功序列の賃金体系が日本の労働市場の特徴とされるが、このシステムが社会に定着したのは第二次大戦後のことだ。
   主要な要因は(1)高度成長に伴う慢性的な人材不足で経営側は従業員を囲い込む必要に迫られた(2)農村社会から都市社会へと産業の重心が動き、給与所得者が急増した(3)家族制度、天皇制の崩壊で寄る辺を失った人々が職場に帰属意識を求めた、などが上げられる。
   焦土から再出発した戦後の日本は工業化で再生を目指した。農村から労働力を都市に移し、併せて教育体制を充実させ、大卒の管理・営業や技術者を育成した。厚くなった中間層は消費者として、大量生産で吐き出される製品の消費者にもなった。

(つづく)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中