シンドラー社社員 エレベーター内に閉じ込められる

印刷

シンドラーエレベータ社製エレベーターで死亡事故が起きた東京都港区「シティハイツ竹芝」でまたもトラブルが起きた。2006年7月12日昼、事故機の隣の同型機に2人が30分閉じ込められ、乗っていた1人はシンドラー社の社員だった。2人に怪我はなかった。シンドラー社は住民の安全のため、同社の社員らをエレベーターに乗り込ませたり、技術者を建物内に常駐させるなどの安全対策を講じていた。このニュースは同日、テレビのニュース番組でも報道され、カメラの前に立った住民はあきれていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中