乾電池で世界初の有人飛行に成功 松下電器・東工大

印刷

松下電器東京工業大学が合同で立ち上げた「オキシライド乾電池で有人飛行機を飛ばそう!」プロジェクトは2006年7月16日、埼玉県の本田桶川飛行場で、世界で初めて乾電池を動力源とした有人飛行に成功した。

松下電器が04年4月に発売した、アルカリ電池よりも長持ちするとされる「オキシライド乾電池(単3型)」を機体に160本搭載し、動力源にした。体重63kgの学生がパイロットを務め、最高高度5.2mで飛行距離391.4mを記録した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中