みずほ銀行、不当表示で警告へ 公正取引委員会

印刷

みずほ銀行が住宅ローンを販売した際、金利が申し込み時より高くなる可能性があるのに、目立つように表示しなかったのは景品表示法違反(有利誤認)のおそれがあるとして、公正取引委員会は、近くみずほ銀行に対して警告する方針を固めた。新聞各紙が2006年8月4日、いっせいに報じた。3月に日銀の量的緩和政策が解除されて以降、住宅ローンの金利上昇が相次いでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中