王子の北越TOB、不成立の見通しに

印刷

王子製紙北越製紙との経営統合に向けて行っている敵対的TOB(株式公開買い付け)の成立が困難な情勢となった。新聞各紙が2006年8月24日報じた。24.4%を持つ筆頭株主の三菱商事、第2位の日本製紙グループ(8.72%)が、すでにTOB拒否の意向を示している。その他の大株主を合わせると「反TOB」株は4割を超え、さらに従業員持株会などを加えると5割を超えるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中