トヨタ、新安全技術をレクサスから導入

印刷

トヨタ自動車は2006年8月25日、9月に発売する高級車レクサスLSから順次、新たな安全システムを搭載していくと発表した。従来より安全性を高めるため、新たに「統合安全コンセプト」を開発した。コンピュータを使って、車間距離や歩行者を検知するセンサーからの情報を解析する。

例えば、後方車両の接近を検知した場合、ハザードランプを点滅させ、後方車両に注意を喚起する。前方車両との衝突の危険性が高まれば、警報音で知らせるほか、ブレーキやハンドルを制御したりする。当初は高級車の搭載が中心だが、将来は全車種に導入していく考えだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中