酒類の販売が06年9月1日から自由化

印刷

酒類の販売が2006年9月1日から全ての地域で自由化された。コンビニエンスストアやスーパーなど、これまで酒類を扱っていなかった大半の店舗が酒販免許を取得する見通しだ。消費者にとっては買い物が便利になるが、自由化によって酒類全体の販売シェアが伸びるとは限らず、小売店にとっては過当競争に陥る可能性が高い。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中