東証、みずほ証券の賠償請求を拒否

印刷

東京証券取引所は2006年9月8日、みずほ証券によるジェイコム株の誤発注問題で同証券から求められた404億円の損害賠償支払いを拒否することを決め、同日付で「請求に応じられない」とする内容の回答書を送付した。みずほ証券は支払いがなければ訴訟など法的措置に踏み切る方針で、この問題は東証と証券会社との初の法廷闘争に突入することになった。ジェイコム株の誤発注は、東証のシステム不具合でみずほ側が注文取り消しに手間取り、損失が膨らんだため、みずほ側は損失のほぼ全額相当の賠償を請求していた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中