日本はデフレ脱却 IMF見通し

印刷

国際通貨基金(IMF)は2006年9月13日、秋の世界経済見通を発表し、その中で日本経済について「デフレから最終的に脱却したという兆候が、より明確になってきた」と述べた。一方で、「デフレに逆戻りするリスクも無視できない」と指摘。日銀の金融政策に関しては、慎重な運営を要請し、金利引き上げは緩やかにすべきだとの見方を示した。今年の日本の実質経済成長率は2.7%、07年は2.1%と予測した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中