北朝鮮、金融制裁を発動、資産を事実上凍結

印刷

政府は2006年9月19日、北朝鮮への新たな金融制裁措置を閣議了解し、同日から発動した。北朝鮮の大量破壊兵器開発との関係が疑われる15団体・1個人を対象に、国内金融機関からの預金引き出しや海外への送金を許可制とする。事実上の凍結となる。金融制裁で圧力を強め、北朝鮮に核問題などで譲歩を促すのが狙いだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中