デジタルラジオ放送会社設立が白紙へ

印刷

在京民放ラジオ局5社は、デジタルラジオ放送を行う共同事業会社「株式会社マルチプレックスジャパン」設立の見送りを決めたことが2006年9月19日に明らかになった。デジタルラジオは、民放テレビの電波が2011年以降にUHF帯に移ることで空くことになるVHF帯の電波を活用する計画だった。これによりCD並みの高音質と、動画や文字、暗号などが送れるとしていた。見送りの理由をエフエム東京広報は、「総務省から(電波の利用など)はっきりした方向性が示されず、これ以上会社の発足を先延ばしできないタイミングに来たため」とJ-CASTニュースの取材に答えた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中