ソフトバンク 携帯電話事業の証券化へ

印刷

ソフトバンクが買収したボーダフォン日本法人の携帯電話事業を担保にして、「証券化」と呼ばれる手法で金融機関から資金調達すると、2006年9月26日同日付の日経新聞が報じたが、ソフトバンクは同日、「最終の詰めの段階だ」と発表した。同社広報は「大筋では合意の見通し」とし、資金調達の規模は1兆4,500億円になるという。通常の借り入れよりも低利で調達し、利払いや返済の負担を軽減するのが狙いだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中