2018年 10月 17日 (水)

日本のメディア芸術100選 「エヴァンゲリオン」「スラムダンク」が1位

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

文化庁は2006年10月3日、1950年代から現在までの日本を代表する作品をインターネット投票で選んだ「日本のメディア芸術100選」を発表した。06年7月13日~8月31日のあいだに実施し、延べ33,884人が対象になった。発表されたのはアート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの各部門上位25位まで。
アニメ部門の1位は「新世紀エヴァンゲリオン」(庵野秀明監督)で、2位は「風の谷のナウシカ」、3位は「天空の城ラピュタ」。マンガ部門では、1位が「スラムダンク」。エンターテインメント部門では「やわらか戦車」、アート部門では「太陽の塔」がそれぞれの部門で1位になった。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...