2019年 8月 20日 (火)

キーワードランク1位 公立中の事件「隠蔽」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   NTTレゾナントが2006年10月11日に発表した06年9月「goo」月間キーワードランキングの急上昇部門で、ダントツのトップになったのが「須賀川市立第一中学柔道部」だった。公立中学校がランキングトップになるのは極めて珍しい。2ちゃんねるにはこれまで14本ものスレッドが立ち、この少女の「応援サイト」も数多く開設されている。いったい何が起きたのか。

   関心を集めているのは03年10月に須賀川市立第一中学柔道部で起こった事故。当時中学1年の女子生徒が、柔道部の練習中に頭を打って意識不明の重体になった。現在もこの生徒は意識不明で、生徒の両親は06年8月31日に「学校側が安全配慮義務を怠った」とし、県と市、怪我を負わせた元男子部員とその母親に対し、約2億3,000万円の損害賠償訴訟を起こした。

学校に「事故」隠蔽疑惑

事件が起こった須賀川市立第一中学校のウェブサイト。9月に入ってアクセス急増
事件が起こった須賀川市立第一中学校のウェブサイト。9月に入ってアクセス急増

   この事件に関するスレッドが2ちゃんねるに立ったのが06年08月31日 10時06分。読売新聞がネットで06年8月31日03時03分に記事を流した。

「柔道部の練習中に部長の男子部員に数回にわたって道場の畳に頭から落とされるなどし(中略)、事故前の9月にも元男子部員との練習で頭を打ち約10日間入院しており、父親(50)は『学校が9月に対応していれば、10月の事故は起きなかった』と主張」。

   これにすぐ反応があった。『完璧に犯罪じゃねえかよ、何考えてるんだ一体?』『普通に暴行事件じゃん。 犯人の男子部員は今何してるんだ?逮捕されてないんだ?』
   柔道部元部長の生徒(身長180センチ、体重120キロとされる)への批判だった。学校側がこの事件を「隠蔽」していたことや、女生徒の両親には「3年たった現在も未だに事故報告も謝罪も無い」事がカキコまれると一気に「祭り」になっていく。

   ワイドショーもこの件を取り上げた。
   「学校に隠蔽疑惑 独占!中一少女部活事故の真相」を06年9月12日に放送したのはテレビ朝日スーパーモーニング」。例えばこんな内容だ。(1)母親が学校に駆けつけたさい、失禁し呼吸困難だったにもかかわらず、救急車を呼んでいない(2)男子生徒が怒鳴り散らし畳や柱に女子生徒を数回叩きつけたことを隠していた(3)学校側から両親は「頭は一切打っていない」という説明を受けた(診察では頭部強打による急性硬膜下血腫)(4)市の教育委員会に事故報告書を出したが、「少女の母が学校や柔道部、柔道部員に責任は無いと言った」との捏造の記述をした(5)柔道部の父兄への説明会を開いた際、「大した怪我でないので、口外しないようにと」口封じをし、少女の両親は説明会に呼ばなかった。
   そして、「事件を知れば知るほど腹が立ってしょうがない!」などのカキコミがネット上で氾濫する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中