ソニーが自社PC「VAIO」でも電池を回収

印刷

ソニーは自社のノートパソコン「VAIO」シリーズの電池についてもリコールすると2007年10月17日に発表した。ソニーは06年8月に米デル製パソコンで発火事故があった際に、発火事故はバッテリーとパソコンの仕様との関連で、デル製以外は問題ないとしていたが、ついに自社PC向けもリコールに追い込まれた。回収する電池は型番「VGP-BPS2B」と「VGP-BPS3A」の2種類で、国内では6万個、世界で25~30万個の回収になるもようだ。これにより、リコール対象総数は約800万個にものぼることになった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中