2021年 9月 25日 (土)

武豊色紙めぐり ネットで賛否両論

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   『天国で応援して下さい ディープインパクト 武豊』。いじめを苦に自殺した福岡県筑前町の中学2年生男子生徒に武豊騎手が、こんな色紙を贈っていたことが2006年10月23日にわかった。生徒の遺書の中に「生まれ変わったらディープインパクトの子どもで最強になりたい」という一節があり、マスコミは「美談」として取り上げているが、ネット上には「武さん・・・ナニやってんの」などのブログやカキコミが現れ、「美談」をめぐって論争が起きている。

   この色紙は、自殺した生徒の父親の兄の知人を通じ武騎手に依頼。06年10月20日に自宅に届き自宅の祭壇に飾られているという。同生徒は馬好きで調教師に憧れていて、また生徒が自殺した日はディープインパクトの引退が発表された日ということもあり、神戸新聞などには、「父親は『本当にありがたい。息子もすごく喜んでいると思います』と話している」という記事が載っている。

「シャシャリ出てくる有名人って腹立たしい」

「色紙」は、ディープインパクトの薬物禁止問題さなかのできごとだ
「色紙」は、ディープインパクトの薬物禁止問題さなかのできごとだ

   ただ、mixiの日記やYahoo!!ブログを見ると賛否両論がある。

「ディープの子が走るのは数年後。ユタカを始め騎手たちは、こうしてまたひとつ思いを乗せて走っていくのかな」
「 嫌な事件やくだらないニュースばかりだけど、ヒーローってこうなんだな!」

   一方で、

「武さん・・・ナニやってんの。こういうのはね、不治の病に冒されて寝たきりのベッドからテレビを観ながら『ベーブ・ルース、ボクのためにホームラン打って』的にそれでも目をキラキラさせて必死で生きようとしている子に書いてあげるモンでしょうが。さもイイコトしてあげてるみたいにこういう風にシャシャリ出てくる有名人ってすっごい腹立たしいんですけど」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中