2018年 12月 18日 (火)

著作権延長問題で弁護士らが国民会議設置

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

著作権の保護期間を著作者の死後50年から70年に延長しようという動きがある中、「今こそ多様な立場の人々が意見を交わすことが必要」として2006年11月8日、クリエイターや弁護士ら64人が参加して「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」を発足した。呼びかけたのはIT・音楽ジャーナリストの津田大介さんと弁護士の福井健策さんで、発起人として劇作家の別役実さんや評論家の山形浩生さん、編集者の竹熊健太郎さん、著作権についての新しい考え方を提示している米国スタンフォード大学ロースクールのローレンス・レッシグ教授らが名を連ねている。発足と同時に文化庁に対して国民的な議論を尽くすことを求める要望書を提出した。12月11日には東京でシンポジウムを開催し、延長賛成派と反対派の講演やパネルディスカッションを行う。入場無料で、同会議のWebサイトから申し込むことができる。福井弁護士は「多様な立場の人たちが、著作権の問題についてとことん議論できる場にしたい」と話している。

iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中