食べ物が美味いから 東北に肥満児が多い?!

印刷

   文部科学省が2006年12月21日に発表した「平成18年度学校保健統計調査速報」によると、都道府県別「肥満傾向児」の出現率で、東北6県の肥満傾向が突出していた。「そういえば」「理由は」「なぜなのか」。テレビのワイドショーでも多く扱われ、街の話題になっている。

   この調査は06年4月1日から06年6月30日に実施。満5歳から17歳までの児童,生徒及び幼児の一部を抽出調査したもので、調査実施校数は7,755校。

東北が「肥満」でほぼ上位を「独占」

文科省の調査では、東北6県の肥満傾向が突出
文科省の調査では、東北6県の肥満傾向が突出

   結果を見ると、東北がほぼ上位を「独占」している。たとえば5歳児では「肥満傾向」が全国平均が2.76%に対し、青森が全国トップの6.98%、福島が5.26%、宮城が5.09%、秋田が4.72%、山形4.10%、岩手4.30%。
   10歳は同10.20%に対し福島が全国トップの15.00%、岩手が14.21%、青森14.14%、宮城13.88%、秋田13.05%、山形12.95%。
   15歳は同11.81%に対し、山形が全国トップの18.15%、秋田が17.36%、青森16.29%、岩手15.80%、宮城13.66%、福島15.59%と、どの年齢を見ても肥満傾向は東北6県が平均をかなり上回る。

   なぜ東北の子供に肥満傾向が強いのか。各県の県庁に問い合わせてみたが、

「調査をしていないため、わからない」

だった。秋田県庁の保健体育課では

「秋田の子供は以前から肥満が多いというのは知っていた。肥満解消は健康を維持する上の課題の一つだから、今後は一層この問題に取り組みたい」

J-CASTニュースの取材に答えた。一方で宮城県庁の健康対策室は、

「あくまで文科省が抽出した学校に限った調査だから、全体調査でなければ本当の実態はわからないのではないか」

と話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中