2019年 4月 22日 (月)

豆ダイエットで25キロやせ!? 健康雑誌の驚くべき実態

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「健康雑誌」として多くの雑誌が書店で販売されているが、なかには科学的に考えれば首を捻りたくなる情報が満載というのが実情だ。「豆ダイエット」、「たまねぎダイエット」、「アワビ粉末で緑内障改善」「ゴマで股関節痛解消」などなど、どこかのテレビ番組であったような、なかったような情報で満載のこれらの「健康雑誌」。ほんとに大丈夫なんだろうか?

タレントが豆を食べると「痩せた」とする体験談

科学的じゃなくてもいい?「健康雑誌」で紹介される驚きの体験談
科学的じゃなくてもいい?「健康雑誌」で紹介される驚きの体験談

   1号あたりの発行部数15万9,000以上(03~04年の平均)を誇る健康雑誌『壮快』(マイヘルス社・マキノ出版)。例えば、同誌07年3月号の場合、「豆ダイエット」の特集がある。それには、有名タレントが豆を食べることで「痩せた」とする体験談が紹介されている。
   まずは料理研究家・タレントの園山真希絵さん。「豆ダイエットで25キロやせLLサイズからモデル体型に変身しアトピーも完治」と題し、一日9,000キロカロリーも摂取しながら、身長160センチ・体重40キロの体型を維持しているといい、それは豆を食べるようになってからだという。
   タレント・ナレーターの魚住りえさんの場合、納豆、豆腐、おからなどの豆製品を食べるようになってから「いつの間にか」4キロ痩せた、などなど、いくつもの「豆ダイエット」の「奇跡体験」が綴られている。

   「健康扱うテレビ番組 すべて疑惑あり」で報じたとおり、研究者からは、「食事で長期的にダイエット効果があるなんてことはありえないです」(共立女子大学・井上修二教授)「食べ物で痩せるというのは、むしろ毒があると思った方がいいです」(群馬大学・高橋久仁子教授)との指摘がされていたが、「豆ダイエット」の場合はどうなのか。

   J-CASTニュースが、『壮快』編集部に問い合わせたところ、室橋一彦編集長の署名で次のような回答が書面で寄せられた。

「この特集のねらいは『豆を食べるだけでやせる』ということではございません。『体にいい豆類を日常の食生活に上手に利用してダイエットに役立てよう』というのが主旨の特集でございます。実際、記事の中では、豆類以外の食生活について触れておりますし、運動についても紹介しております。栄養学者の解説も紹介しております」

   ちなみに、特集記事のタイトルを挙げると「豆ダイエットでスーッと4キロやせお尻や太ももが細くなりジーンズがブカブカ」「冷凍枝豆を食前に食べたら10キロ近くやせブヨブヨお腹が引き締まり腹筋が出現」「酢ピーナッツとゆでアズキで16キロやせ~」「黒豆ご飯で知らぬ間に9キロやせ~」という具合だが、驚いたことに、どうやら「豆だけでやせる」特集ではないらしい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中