2019年 10月 22日 (火)

「女性調査員による別離工作」 「非モテ同盟」が探偵事務所に質問状

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   探偵事務所のウェブサイトに掲載されている「作業実績」に、ある団体が噛みついた。「革命的非モテ同盟」という団体で、「バレンタイン粉砕」を掲げてデモ行進を行うなど、ユニークな活動を行っていることで知られている。「女性調査員による別離工作」が問題視されたのだ。

「ご依頼主のご希望で2人を別れさせました」

「非モテ同盟」のサイトでは、質問状の全文が公開されている。
「非モテ同盟」のサイトでは、質問状の全文が公開されている。

   京都市に本拠地を置く探偵事務所の「相沢京子 結婚調査室」では、結婚相手の身辺調査などを行っており、事例集をウェブで公開している。「週末は会えない婚約者の素行調査」「風俗好きの彼氏の素行調査」など、一言で「素行調査」と言っても、様々なパターンがあることがわかる。その中で問題視されたのが、「メールで知り合った娘の婚約者の身辺調査」という項目だ。

   30歳の女性が、メールで知り合った35歳の男性と結婚しようとしていたところ、女性の父親(58)が、男性の身辺調査を依頼した、という事例だ。調査によると、男性の勤務態度は真面目で、金銭トラブルや女性問題もなかったという。ここまでは普通だが、以下の部分が「アキバ系」の人々の反発を呼んだ。

「かなりのアニメマニアのようで、軽度の少女愛好志向があるらしいことも判明しました。お嬢さまも相手の趣味は知っていたようで、犯罪性もないものと考えられましたが、ご依頼主のご希望から女性調査員による工作を行って2人を別れさせました」

   3月23日には、情報サイト「にゅーあきばどっとこむ」がこれを

「アニメオタクだと恋愛結婚さえ邪魔されてしまうのか!」

   というコメントとともに紹介、ネット上で波紋が広がった。

   さらに、3月28日には、「革命的非モテ同盟」が、この探偵事務所に公開質問状を内容証明郵便で送付した。この「非モテ同盟」は、J-CASTニュースでも既報のとおり、「バレンタイン粉砕運動」などを行っていることで知られている。「AERA」の4月2日号でも、「ホワイトデー爆砕デモ」の様子が紹介されており、活動趣旨をこう話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中