2019年 8月 18日 (日)

「プレステ」産みの親 SCE久夛良木悲劇の「引退」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の久夛良木健代表取締役会長が「本人の申し出」(SCE広報)によって代表取締役会長を退任し、2007年6月19日から名誉会長に退くことになった。4月26日に行われた突然の発表について、メディアでは「PS3不振の責任を取った」という見方がもっぱらだが、それだけではないようだ。

「ソニーには何か能力が欠けているのだろう」発言

辞任を発表するプレスリリースには、ストリンガー会長のコメントもついていた
辞任を発表するプレスリリースには、ストリンガー会長のコメントもついていた
「(ソニーが部品の量産を)できると言ったからSCEは出荷計画を発表したが、できないということは何か能力が欠けているのだろう」

   当事SCE社長だった久夛良木会長は、2006年9月6日に行われた「PS3」発売延期の記者会見で親会社ソニーに対する怒りを露にした。延期の発表はこれが2度目で、いずれもソニーが担当している「PS3」に搭載するBlu-ray Disc(BD)システムの開発の遅れだった。この時点で「おやっ?」と思わせるものがあった。

   久夛良木会長の「PS」戦略は「PS2」以降、「ゲーム機ではない」などという発言とともに、ソニー本体に「とことん奉仕」する形になっていた。「PS2」ではDVDドライブを搭載、半導体開発・製造。「PS3」ではBD機能搭載、汎用半導体「「Cell」(セル)」の開発。そして「PS」の成功により03年4月にソニーの副社長に就任する。「PS2」以降、ゲーム業界では開発費の高騰と、ヒット作が出ないなどで、倒産や合併に追い込まれる会社が続出。しかし、圧倒的シェアを持つ「PS2」だけに、ゲーム会社はSCEの戦略に従うしかなかった。久夛良木会長はこの時、ソニーグループ内の地位も保ち、ゲーム業界に君臨していた。

   しかし、「この世の春」は続かず、05年3月に副社長を退任。「PS3」発売にむけ陣頭指揮を取るが、BDシステムの開発が遅れ、販売が延期。やっとのことで06年11月に発売するが、人気、売り上げともライバルの任天堂「Wii」に差を付けられた。

   さらに、最大のヒットシリーズ「ドラクエ」本編の次回作が、「ニンテンドーDS」へ鞍替えされた。「PS3」の普及が見えないことで、ゲームソフトメーカーは任天堂ゲーム機用に開発を向けている。SCEは新社長に平井一夫氏を迎え、久夛良木社長は会長になった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中