2019年 2月 20日 (水)

セコム、「電気工事人を侮辱」したCMを中止

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

セコムは現在放送している同社のテレビCMを一旦差し止めると2007年5月29日に発表した。このCMは、身の危険を感じたときにボタンを押すとGPS(衛星利用測位システム)などから場所を特定して警備員が駆け付ける「ココセコム」サービスに関するもの。電柱上の工事人がハゲタカに、オートバイを運転する人が黒ヒョウに、歩行者がハイエナに変わる3つのシーンがある。最後に「野獣はふだん、ヒトの顔をしている」とのコピーが表示される。07年5月21日から流し始めたが、「電気工事人を侮辱している」「動物を悪として描いている」などの抗議が寄せられていた。

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中