スターフライヤーと全日空が共同運航

印刷

航空会社スターフライヤー(北九州市)と全日空は2007年6月1日から、北九州―羽田線で共同運航を始めた。スターフライヤーの11往復便中10往復便で、全日空が各便25%を上限に座席を買い取る形で運用する。全日空分座席の方が値段は高いが、全日空のマイル加算目当ての利用客を見込んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中