2019年 4月 24日 (水)

折口会長2時間半 保身会見の一部始終

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   数々の「処分逃れ」を指摘され事実上「事業廃止」処分を受けた訪問介護最大手「コムスン」の親会社、グッドウィル・グループ(GWG)の折口雅博・会長兼CEOが2007年6月8日、ようやく記者会見を開いた。2時間半以上に及んだ会見で、折口会長は何度も頭を下げたが、「現場が悪い」「お客のためを第一に考えてやった」などとし、内容は「保身」のオンパレードだった。

   会見は、15時から同グループ本部が入る東京の六本木ヒルズ34階の大会議室であった。黒のスーツに濃い紺のネクタイという「反省モード」のいでたちで現れた折口会長は、ほかの幹部4人を引き連れ会見席に並び、「多大なご迷惑をおかけして心よりおわび申し上げます」と頭を下げた。

社長は辞任、報告を受けて了承した会長は居座り

記者会見に臨んだグッドウィル・グループの折口雅博会長(右)とコムスンの樋口公一社長
記者会見に臨んだグッドウィル・グループの折口雅博会長(右)とコムスンの樋口公一社長

   折口会長は冒頭、「経過につきまして樋口の方から説明させます」といきなりマイクを振った。コムスンの樋口公一社長が、不正に関与した事務所の廃業届けを出すという一連の「処分逃れ」について、「連座制を適用されては大変だ、と(廃業届け提出を)指示した」とあっさり処分逃れの意図を認めた。次に折口会長は、「会長は知っていたのか」との質問に対し、報告を受けて了承した、と話した。しかし「報告の際は適法と聞いていた」と付け加え、法律に触れなければ問題ないだろう、といわんばかりの態度を示した。

   これに助け舟を出すように樋口社長は「法律的に問題ないから、と折口に強く勧めたのは私だ」と説明、「責任を取るため辞職します」と話した。一方で折口会長は、グループを運営するには自分が必要で、引き続き改善に向け努力したいと引責辞任する考えがないことを示した。経団連の理事についても「経団連におまかせする」という言い方で、自分から辞任する考えはないとした。

   さらに、役員報酬を1年間辞退することも明かした。記者から、報酬辞退だけでは理解は得られないのではないか、と問われると、折口会長は、そうかもしれないが、結果的に不正になったものの意識的ではなく、今後改善していくので「チャンスをお与えください」と開き直った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中