三菱重工、国産ジェット客室模型をパリ航空ショーへ

印刷

三菱重工業は2007年6月11日、初の国産ジェット旅客機として開発中の「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の客室実物大模型を「第47回パリ国際航空ショー」に出展すると発表した。同ショーは6月18日からフランスで始まる。MRJは70~90人乗りの中短距離用小型ジェット機で、08年春に需要動向を見極めながら事業化するかどうかを判断する。事業化する場合には2012年の就航を目指す。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中