中田ヒデ「旅の終わり」 サッカー界「復帰」へ

印刷

   「人生とは旅であり、旅とは人生である」とのコメントを残し、サッカーのピッチを去って「旅」をしている中田英寿さんだが、日本代表オシム監督がこの中田さんに対して現役復帰を促すような仰天発言を行った。中田さんもHPの中でサッカーへの熱い思いを語っており、「復帰」が取りざたされている。

海外メディアも「ナカタ復帰?」と報じる

中田さんは「現役選手」とは違った形でサッカー界復帰を望んでいるようだ(Nakata.netより)
中田さんは「現役選手」とは違った形でサッカー界復帰を望んでいるようだ(nakata.netより)

   サッカー日本代表のイビチャ・オシム監督は2007年6月21日、都内の日本人外国特派員協会で記者会見を行い、06年7月のW杯ドイツ大会を最後に引退した中田英寿さんについて、

「中田ははまだ若い。彼が日本か欧州で復帰するなら、日本代表に彼の居場所はある。扉は開かれている」

と述べた。「彼を時代遅れにする選手も出てきた」と辛口のコメントも残したが、引退した選手に「ラブコール」を送る異例の展開になった。これには、日本メディアのみならず、海外メディアも「ナカタ復帰?」と報じるなど、若くして引退した日本のスターへの注目がまたもや集まり始めた。

   現役引退後、契約が残っていたCM出演などを除いては、できるだけメディアの露出を控え、世界中を「旅」していた中田さん。自身のホームページでも「毎日、一日って36時間だったっけ?と思うくらい忙しい毎日を送っているよ」とその「旅」が充実している様子を伝えていた。しかし、最近になってこの「旅」の状況が変わってきたようなのだ。

   07年6月7日にはミャンマーで行われた練習試合に、愛着のある背番号「7」を付けて90分間試合に出場し、得点も決めた。さらに6月9日には、リスボンで行われた元ポルトガル代表のルイス・フィーゴが主催したチャリティーマッチに「フィーゴ・チーム」の一員として出場し、後半開始から終了まで世界の有名選手と一緒にプレーした。中田さんは、このチャリティマッチについて、自身のHPで

「今回やってみて1番思ったこと!!それは、やっぱり俺は現役じゃないし、こういうチャリティーマッチの時は、多少はトレーニングをしなきゃな!っと言うこと(笑)!!チャリティーマッチとはいえ、見に来てくれる人がいるわけだし、きちんと魅せられるパフォーマンスをしないとね!!」(6月15日「nakata.net」)

と語るなど、「衰え」を告白しているが、一方で「俺はやっぱりサッカーが大好きだし」とサッカーへの愛着も語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中