トヨタ創業家副社長が国内営業担当に

印刷

トヨタ自動車は2007年6月22日、創業家出身の豊田章男副社長(51)を、販売不振が続く国内営業の担当とすることを決めた。05年から副社長を務める豊田章男副社長は豊田章一郎名誉会長(82)の長男。トヨタは国際的には好調が続いているが、国内販売では少子化の影響などで低迷している。豊田章男副社長はこの厳しい部署で重責を担うことになる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中