不二家不祥事で閉鎖のFC店経営者が賠償請求

印刷

不二家の期限切れ原料使用などで店舗閉鎖に追い込まれたとして、茨城県内のフランチャイズ4店舗の各2店舗の個人経営者と経営会社が不二家を相手取り、約4億2,600万円の損害賠償を求める裁判を2007年6月26日に東京地裁に起こした。6月27日付け毎日新聞が報じた。それによると、原告は今後5年間で得るはずだった営業利益、異業種への変更費用、建物の解体費を不二家に対して求めている。不二家広報室はJ-CASTニュースに対し、「訴状が届いていないので事実関係が分かっていない。そのため、現段階ではコメントできない」と述べている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中