双日が豪州で大規模炭鉱開発

印刷

総合商社の双日は2007年7月2日、オーストラリアの資源開発会社フェリックス・リソーシズ社(クイーンズランド州ブリスベン市)から同国ニューサウスウェールズ州のムーラーベン炭鉱の権益10%を約90億円で取得し、大型一般炭炭鉱を共同で開発することで合意したと発表した。炭鉱の開発費用は総額約500億円で、双日が50億円を負担する。2009年から日本向けに販売する予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中