三菱東京UFJ銀行、頭取ら10役員の報酬カット

印刷

三菱東京UFJ銀行は07年7月5日、畔柳信雄頭取、三木繁光会長、玉越良介副会長で顧客の注文を%り違えたり、海外のマネーロンダリング(資金洗浄)に対する監視体制が不備だったりして、金融庁から2007年6月に業務改善命令を出されたために経営責任をとる。実施時期は未定。畔柳頭取ら3役員は07年3月に財団法人「飛鳥会」との不適切取引で月額報酬の4~5割を3~6カ月カットする処分を受けたばかりだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中