東京高裁、ブルドックの買収防衛策認める

印刷

米投資ファンドのスティール・パートナーズ・ジャパンブルドックソースの買収防衛策差し止めを求めた仮処分申請で、東京高裁(藤村啓裁判長)は2007年7月9日、スティール側の即時抗告を棄却した。同高裁はスティールを「乱用的買収者」と断じ、防衛策の正当性を認めた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中