マック販売の牛乳に大腸菌群混入の恐れ

印刷

明治乳業は2007年7月18日、同社の子会社である千葉明治牛乳が製造し、日本マクドナルドがパッケージ販売をしている「ミルク」(220ml)に製造過程で大腸菌群が混入した可能性があると発表した。問題の「ミルク」は2007年7月16日製造(賞味期限7月23日)で、東京・長原駅前店、環七豊玉店、西武練馬駅店など全国44店舗で146本が販売された。明治乳業と日本マクドナルドは該当商品を回収するとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中