「つくる会」元会長らが「教科書改善の会」設立

印刷

「新しい歴史教科書をつくる会」元会長の八木秀次・高崎経済大教授らは2007年7月24日、「改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会」(「教科書改善の会」)を発足させ、中学の歴史・公民の教科書を扶桑社の子会社から発行すると発表した。代表世話人は政治評論家の屋山太郎氏が務める。同会は「これまでの教科書より、わかりやすく改め、教育現場などから幅広い支持がえられる教科書にしたい」と述べており、「つくる会」と扶桑社が作成してきた教科書との違いを明らかにしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中