元財務次官、「渡り」の斡旋を認める

印刷

細川興一・元財務次官は2007年7月25日、首相官邸で開かれた政府の「官民人材交流センターの制度設計に関する懇談会」で、「渡り」と呼ばれる官僚OBの2回目以降の再就職を省庁が斡旋していたことを事実上認めた。同懇談会は財務と農林水産、厚生労働の3省の次官経験者4人を呼び、天下り斡旋の実態について意見を聞いた。その場で細川氏は「情報提供も斡旋の一環とするならば、企業や団体からの求めがあれば提供した」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中