省エネ・長寿命の電球形蛍光ランプ 東芝ライテック

印刷
東芝ライテックから約10倍長もちする電球形蛍光ランプ「ネオボールZ-eL」
東芝ライテックから約10倍長もちする電球形蛍光ランプ「ネオボールZ-eL」

東芝ライテックは、ランプ寿命が同社製白熱電球に比べ約10倍長い電球形蛍光ランプ「ネオボールZ-eL」3種類を2007年9月1日から発売する。高効率コンパクト発光管の採用と電極部の最適化により、消費電力を同社現行品の12Wから10Wに低減した。定格寿命は1万時間で、寿命まで使うと白熱電球に比べ電気代を1万円前後節約できる計算だという。同社は、電球形蛍光ランプとしては「業界トップクラスの省エネ・長寿命タイプ」になったとしている。60ワットタイプA形で、電球色、昼白色、昼光色の3種類。オープン価格。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中