社保庁長官と厚労次官を更迭 年金問題受け

印刷

厚生労働省は2007年8月24日、村瀬清司・社会保険庁長官と辻哲夫・厚労事務次官を退任させる人事を発表した。年金記録漏れ問題を受けた事実上の更迭だ。社保庁長官後任には、総務省OBで日本放送協会(NHK)監事の坂野泰治氏、厚労次官後任には、江利川毅・前内閣府次官を充てる。8月31日付けで発令する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中