警視庁、ストーカー殺人でHPに謝罪文

印刷

警視庁立川署の友野秀和巡査長が(40)が飲食店従業員の佐藤陽子さん(32)を射殺し、直後に自殺した事件で、警視庁は2007年8月28日、お詫びのコメントをウェブサイトに掲載した。コメントでは「国民の生命、身体、財産を守るべき警察官が、貸与されているけん銃を使用して、このような事案を惹起させたことは極めて遺憾」とした上で、「ご遺族の方々及び国民、都民の皆様に深くお詫び申し上げます」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中