タイガー魔法瓶、黒色釉薬を用いた土鍋IH炊飯ジャーを販売

印刷

タイガー魔法瓶は9月1日に、お米を芯から一気に加熱する効果がある黒色釉薬を採用した土鍋IH炊飯ジャー「土鍋釜黒」JKF-S型を発売。小容量タイプのJKE-A型も同時に販売する。同社では、昨年発売した「土鍋釜」JKF-A、B型をさらに改良し、新たに黒色釉薬を使用した「黒い土鍋釜」を開発し遠赤外線効果を高めた。遠赤外線は、お米を芯から一気に加熱する効果がある。同社開発の「土鍋釜」は、IH炊飯ジャーの内側に本物の土鍋を採用。土の持つ高い蓄熱性と沸騰時の細かい泡で、お米の一粒一粒を、ふっくらと炊き上げることができるという。新製品は、こうした「土鍋釜」の釜の厚みを増し、本体底部に天然石のプレートを搭載するなど改良を加え、炊飯中の長時間沸騰が可能になった。
価格はJKF-S100(5.5合タイプ)型が94,500円(税込み)より。JKE-A550型(3合タイプ)は73,500円(同)。

 タイガー魔法瓶 黒色釉薬を採用した土鍋IH炊飯ジャー「土鍋釜黒」を販売
タイガー魔法瓶 黒色釉薬を採用した土鍋IH炊飯ジャー「土鍋釜黒」を販売
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中