7月の小売業販売額2.2%減 

印刷

経済産業省が2007年8月31日に発表した7月の商業販売統計(速報)によると、小売業の販売額は前年同期比2.2%減少し、11兆3,470億円となった。2カ月連続で減少した。業種別にみると、織物・衣服・身の回り品が前年同月比9.7%減、自動車が同4.8%減、機械器具が4.7%減と、減少幅が大きかった。とくに、梅雨明けの遅れによる低温や大型台風の影響で夏物衣料などが不振だった。一方、燃料は同0.3%増となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中