2020年 12月 5日 (土)

「環境に悪いからSUVやめるべき」 元上院議員発言に「オチ」が付く

保険は定期的に見直さないと損をする!?無料相談で今すぐチェック!

   今度の米大統領選の民主党指名候補を争うジョン・エドワーズ元上院議員が、環境問題に配慮して「米国民はSUV車(多目的スポーツ車)をやめるべき」「米国民は地球上最悪の汚染者」などと発言したことが米国で話題になっている。しかも、「犠牲」を呼びかけたエドワーズ氏自身がなんとSUV車を2台も所有していたという「オチ」までついていた。

欧米で、SUV車排除の運動が展開される

   2007年8月30日までのFOXニュースなどによると、エドワーズ氏、フロリダ州の技術者組合のフォーラムのなかで、「米国民は犠牲をいとわなかった」とした上で、

「我々は今、地球上で最悪の汚染者(polluter)だ。米国民は世界の4%しか人口がいないのに、温室効果ガスの25%を排出している」

などと述べ、「米国民は変わらなくてはならない」と主張した。

   さらに、「米国民はSUV車をやめるべき」「米国民はもっと燃費のいい車に乗るべきだ」などと、SUV車による環境への悪影響を指摘し、排出ガス規制に積極的に取り組む姿勢を強調した。米国の報道では、エドワーズ氏の発言を「エコドライブ」にかけて、「ホワイトハウスの『エゴ・ドライブ』を批判した」などと表現するものもあるが、米国ではSUV車が人気を呼んでいるのと相まって、メディアを中心に大きな話題を呼んでいるようだ。

   最近では、SUV車は「環境に悪い」などとして欧米で、環境団体がSUV車を排除する運動を展開したこともあり、環境問題への関心が高まるなかでSUV車への風当たりも強くなりそうな気配もある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中