2019年 1月 18日 (金)

「親の七光」2世タレント続々 芸能界も「格差社会」突入?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   あのお笑い芸人の娘がグラビアデビューしたと思ったら、今度は大物男性歌手の息子がドラマ出演して話題を集める。とにかく芸能界では今、次から次へと2世ラッシュだ。本人たちは「親の七光り」を否定するものの、世間はそうは見てくれない。2世たちも「格差社会」の現実に無縁ではないというのだ。

陽水の娘、草刈の息子と次々デビュー

2世タレントの一人、「しょこたん」こと中川翔子さん
2世タレントの一人、「しょこたん」こと中川翔子さん
「芸能界では、タレントの2世は、親が共演して売り出すパターンが増えています。例えば、大物俳優、平幹二朗さんの長男で、俳優としてデビューした岳大さん。幹二朗さんと元妻の佐久間良子さんと『鹿鳴館』の舞台で共演したことが、デビューのきっかけでした」

   あるタレント養成所のマネージャーは、近ごろの2世ラッシュ現象について、こう解説した。

   親子で共演というパターンでは、最近は、井上陽水さんの二女、依布サラサさんが陽水さんの楽曲に歌詞を提供して話題になった。サラサさんが作詞した「長い猫」は、2006年3月にシングルとして発売されている。そして、07年9月5日付の「サンケイスポーツ」が報じたところによると、ついに12月5日、歌手デビューすることになったという。

   サンスポでは、サラサさんについて、「父親譲りの透明感あふれる声質と抜群の作詞センスに合わせ、母譲りの美貌の持ち主」と記事で紹介している。サラサさんの母は、歌手の石川セリさんだ。

   俳優でも、10月13日に公開予定の映画「0093 女王陛下の草刈正雄」に共演する草刈正雄さん、麻有さん(14)親子が注目を集めている。麻有さんは、まだ中学2年生で、9月6日付の「日刊ゲンダイ」の記事では、チャイナドレスに身を包み、「お父さんとの共演は恥ずかしい」とはにかむ様子の写真が載っていた。

   タレントの2世は、思い出すだけでも多い。宇多田ヒカル、森山直太朗、中川翔子、坂口憲二…。新しいところでは、渡辺謙の長女の杏、薬丸裕英の長男のSHO、長渕剛の長女の文音…と、枚挙に暇がない。

芸能界っていうのは、実社会以上に格差が大きい?

   芸能界を挙げての2世ブームに、ネット上では、「芸能家族大集合!」というウェブサイトまで登場した。

   親子の二人三脚もあって脚光を浴びる2世たち。ところが、デビュー後は、厳しい実力の世界が待っている。ポータルサイト「goo」が06年6月にまとめた「好感の持てる2世有名人ランキング」によると、トップから、坂口憲二、宇多田ヒカル、松たか子、と独特の個性とオーラを持ったタレントが並んでいる。その一方、下位を見ると、梅宮アンナ、SAYAKA(現・神田沙也加)…、トラブルなどがきっかけで苦戦を強いられたタレントたちだ。ランキングにはなくても、人知れず消えていった芸能人も多い。

   前出のタレント養成所マネージャーは、その背景について、次のように解説する。

「今は、タレントを目指す若い子が多く、お洒落でそこそこ歌も歌える。芸能プロダクションの数も、コンビニの数のように増えています。2世は、ある一定のところまでいけますが、それ以上は、個性などプラスアルファが必要です」

   つまり、タレントは、才能、したたかさなどがなければ使い捨てにされるということだ。2世でも、「勝ち組」がいれば、「負け組」もいるのだ。

   デビューする2世は、それを自分の力と錯覚するケースもあるから悲惨だ。サンスポによると、依布サラサさんは、最初は芸能プロのオーディションに「陽水の娘であることを隠し、ペンネームで詞を応募した」という。結局、芸能プロ側が作品歴をネットで調べて陽水の娘と突き止めた。そして、「冷静な目で実力を判断した結果、契約を決めた」という。

   ミクシィの日記では、この点に関して、異論も出ている。

「ここの部分を読んでいると、どうも逆に疑わしく思えてくる。本当に関係者は(最初から陽水の娘であることを)知らなかったのだろうか?」(カッコ内は編集部挿入)

と。

   はてなダイアリー夢の行き着く先」では、「芸能界も格差社会?」と題して、次のような感想が述べられていた。

「芸能界っていうのは、なんていうか実社会以上に格差が大きい気がします。単に座っているだけの大御所のような『正社員』芸能人がいる一方で、努力しても単に一過性で終わり捨てられてしまう『派遣社員』芸能人もいるようで」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中