靴底に廃タイヤを使ったスニーカー ゴールドウィン

印刷
ゴールドウィンから靴底に廃タイヤを利用したスニーカー「Eco Sneaks」
ゴールドウィンから靴底に廃タイヤを利用したスニーカー「Eco Sneaks」

ゴールドウィンは2007年9月18日から、靴底に廃タイヤを利用したスニーカー「Eco Sneaks(エコ・スニークス)」を発売した。米国のフィットウエアカンパニー「Simple」から、07年秋冬コレクションとして輸入販売する。この商品は、一般的なスニーカーをベースに再生素材であるクルマの廃タイヤを靴底に使用。また素材にはオーガニックコットンを、靴紐にはPET(ペットボトル再生素材)を使用。サステナブル(循環型)シューズとして、どんなスニーカーよりも軽やかでエコロジカルな商品となった。サイズは、25~29センチ。カラーは、ブラック、ダークアース、サンド。価格は1万5750円(税込み)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中