利上げ見送りへ 日銀の金融政策決定会合

印刷

日本銀行は2007年9月18、19日に開いている政策委員会・金融政策決定会合で、無担保コールレート(オーバーナイトもの)を現行の0.5%前後に据え置く見通しだ。安倍首相の突然の退陣で政局が混乱したことで国内経済に不透明感が増したほか、米国のサブプライム住宅ローン問題に端を発する金融市場の混乱が続いているため、実体経済への影響を慎重に見極めるとの判断が働いている。サブプライム・ショックへの対応として、米FRB(連邦準備制度理事会)は利下げに踏み切るといわれ、またECB(欧州中央銀行)も当初示唆していた9月の利上げを見送っており、日本もこれに足並みをそろえた格好になる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中