コムスン譲渡先が交渉辞退 熊本県内の在宅介護事業巡り

印刷

在宅介護サービス事業の分割譲渡を進めているコムスンに対し、事業の引き受けに向け最終協議中だった企業の1つ、熊進企画(熊本市)が2007年9月14日、熊本県内分の交渉を辞退する方針を伝えた。条件面などで合意が困難になったという。コムスンは、在宅介護サービスを47都道府県ごとに分割・譲渡するために、最終協議先を決定し交渉を進めていた。交渉辞退があったのは初めて。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中