澤田HDが損害保険事業に進出へ

印刷

エイチ・エス証券などを傘下にもつ澤田ホールディングス(HD)は2007年9月18日、10月中にも子会社による損害保険事業に進出することを明らかにした。手はじめに、旅行業大手のエイチ・アイ・エスを通じて海外旅行傷害保険などを販売する。
新社名は「エイチ・エス損害保険」。現在の「エイチ・エス損害保険プランニング」の商号を変更、第三者割当増資も発表した。9月28日を払込期日とし、6億1200万円を増資する。これにより、資本金は16億1200万円になる。投資会社のワールド・キャピタルや旅行業のユーラシア旅行などが引き受けることで、澤田HDの出資比率は49.6%に、旅行業大手のエイチ・アイ・エスの出資比率は14.9%になる。増資完了後、金融庁に損害保険業免許を申請し、免許取得をもって損保事業に進出する。澤田HDは「(今回の増資で)免許取得のための準備は整った」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中