2019年 9月 17日 (火)

自民党本部前に「ネット住民」集結 あの弁護士の演説がきっかけ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   下馬評通り福田康夫氏(71)が勝利した自民党総裁選だが、場外では思わぬ盛り上がりを見せていた。投票日当日は、ネット掲示板2ちゃんねる上での呼びかけをきっかけに、麻生支持者が自民党本部前に集結。その前日に行われた麻生氏の街頭演説でも2万人が集まるなど、永田町の勢力図とは、まったくかけはなれた様子なのだ。

投票前日の朝、集会を呼びかけるスレッドが立った

北村弁護士の「熱弁」にアクセス集中
北村弁護士の「熱弁」にアクセス集中

   2007年9月23日に投開票された自民党総裁選は、福田氏330票に対して麻生氏は197票。「善戦」とはいえ、大差で敗れたことには間違いない。だが、敗北したはずの麻生氏周辺のフィーバーぶりが際だっているのだ。投開票当日(9月23日)の正午ごろから16時ごろまで、自民党本部に「麻生」と書かれた紙やプラカードを持った300人ほどが集結、「麻生!麻生!」とシュプレヒコールを上げ続けた。推薦人代表の鳩山邦夫氏(津島派)が通りかかると、「鳩山さーん、頑張ってくださーい!」との声も挙がった。15時過ぎに選挙が終わり、16時前になって麻生氏が支持者の前に現れると、盛り上がりは最高潮に達した。
   麻生氏は支持者の集まり具合を見て

「多分自民党員ゼロよ。2ちゃんねるで(スレッドが)立ったんだろうけど、永田町にあんなに人が集まるなんて例はない」

と話し、感激した様子だった。

   いみじくも麻生氏が指摘したように、投票前日の9月22日朝、「2ちゃんねる」にある、大人数が集まって「オフ会」を開催するための話題で盛り上がっている掲示板「大規模OFF板」に、集会を呼びかけるスレッドが立ったのだ。タイトルは「【総裁選】9/23自民党本部決起集会【麻生氏応援】」。

「マスコミは福田寄りで真実を報道していない」
「行くなら、清潔感のある服装が良いのでは」

といった話題で盛り上がり、スレッドは8スレッド目まで伸びた。

   ただ、このスレッドが立ったきっかけは、麻生陣営の推薦人のひとり、戸井田徹衆院議員(津島派)が9月20日、自身のブログに書いた、こんな文章だ。

「23日、午後2時から両院議員総会が始まるので、議員が入場する1時ごろから党本部周辺にご参集いただき(党本部敷地内には入れませんが)麻生太郎候補への応援をお願いしたい。そこで、皆さんの声を、思いを直に議員に伝えていただきたい。マスコミによって操作されたものではなく、純粋ないのちのある声を議員一人一人に伝えていただきたい。議員の魂を揺さぶってほしい」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中