2021年 9月 28日 (火)

「おっぱっぴー」小島と安倍前首相 「そんなの関係ねー」関係とは?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2007年春から注目を集め夏に「ブレイク」したお笑いタレント小島よしおさん(26)が、秋に入っても「熱い」。9月以降も写真週刊誌「FLASH」に「激写」され、週刊新潮にも登場した。決めぜりふ「そんなの関係ねー」は流行語になりつつある。

大ブレイクで脇毛摩滅

「そんなの関係ねー」が人気だ
「そんなの関係ねー」が人気だ

   小島さんは、筋肉質の裸をさらし「海パン」一丁で登場、まずは「面白くない」ネタで客の失笑を「わざと」買うのがお決まりだ。一旦落ち込む風をみせ、直後にかかり始めるテーマ曲に合わせ突如元気になる。自虐ネタを披露した後「でもそんなの関係ねー」を大声で連発する。ネタの合間に「はい、おっぱっぴー」とおどけてみせる。「オ(お)ーシャン・パ(ぱ)シフィック・ピ(ぴ)ース」の略で「太平洋に平和を」の気持ちを表しているとされる。2つの言葉とも携帯電話の着信ボイスになる人気ぶりだ。「流行語大賞」をうかがうとの呼び声もある。

   「そんなの関係ねー」と叫ぶときは、ガッツポーズの形をした左腕を左体側にこすりつけるような動作もセットだ。ポーズの回数が増えたため「脇毛が(こすれて)なくなった」と披露。「でもそんなの関係ねー」と笑いを取ったこともある。子供たちの間にも広がっていて、東京都内のある塾講師は、中学生に注意すると「そんなの関係ねー」と言い返され「頭に来た」と振り返る。

   さらに、FLASH(9月25日号)は、9月5日の台風の最中「美女とデート」したとして、小島さんと女性の「ツーショット」写真を掲載した。また、週刊新潮(10月4日号)は、「ワイド特集」の6項目の中、朝青龍や細木数子さんネタを押さえ第1番目の項目で小島さんの家族ネタを取り上げるなど、露出ぶりはスター並みになりつつある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中