阪急・阪神百貨店が経営統合し「H2Oリテイリング」発足

印刷

阪急百貨店阪神百貨店は2007年10月1日に経営統合し、持ち株会社「エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリング」がスタートした。また、2014年度の売上高目標は7,000~8,000億円、連結利益の目標を400億円とすることを同日発表した。今後、システム統合などを進め、08年10月をめどに実質的な統合を完了させたい考え。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中