2019年 10月 20日 (日)

TBSさえも見限る?? 亀田大毅「ゴキブリ以上の醜態」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   「ゴキブリ以上の醜態」「品格疑う」――そう批判されて仕方ない試合内容だった。「亀田一家」のマナーの悪さも明るみに出て、放映したTBSにまで「亀田よりの実況・解説はけしからん」「亀田の切腹はどうなったんだ」といった抗議が殺到した。これまで亀田一家を応援していた「朝ズバッ!」も勝者である内藤選手を積極的に取り上げるなど、もはや「見限り」モードだ。

兄が「大毅、ヒジでもいいから目入れろ」

「見苦しい」「まるでプロレス」などの言葉が並ぶ各紙
「見苦しい」「まるでプロレス」などの言葉が並ぶ各紙

   2007年10月11日、ボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチで内藤大助選手(33)が亀田大毅選手(18)を大差の判定で下した。内藤選手を「ゴキブリ」呼ばわりし、「負けたら切腹する」とまで豪語していた大毅選手だが、最終ラウンドでは相手を投げ飛ばす「レスリング行為」をして減点されるなど、ボクシングとは程遠い試合内容だった。

   11ラウンド直前には、兄の興毅選手が「大毅、ヒジでもいいから目入れろ。目もっと行け」と反則を指示する発言がしっかりテレビ中継の音声に拾われており、亀田一家の「リングでの最低マナー」が視聴者にも白日の下に晒された。ただでさえ、実績不明の外国人選手としか戦ったことのない亀田大毅選手。初めての日本人選手に「反則行為」しか繰り出せないことで「亀田一家」のブランドが地に堕ちた瞬間だった。

   翌日の新聞各紙でも、

「聖域が汚される。最後はもはやボクシングではなかった」「史郎トレーナーも、大毅も王者・内藤を『ゴキブリ』とののしったが、さらした醜態はそれ以上に、みにくかった」(サンスポ)
「レスリング行為、品格疑う」「リングでの最低なマナーも亀田家のスタイルなのか」(朝日新聞)

などと報じられ、「醜い」18歳ボクサーに「罵声」を浴びせたのは試合会場にいた観客だけにとどまらなかった。

   ネット上では大毅選手の敗退が決まると同時に騒然とした状態になり、巨大掲示板「2ちゃんねる」ではスレッドが乱立する「祭り」状態に。「内藤勝って本当に良かった。まだまだ世の中捨てたもんじゃないね」といった内藤選手を賞賛する書き込みが相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中