2019年 9月 18日 (水)

大毅「神経衰弱」状態 抱えられ記者会見場去る

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   「無言」を貫く異例の「謝罪会見」となった。会見に臨んだ亀田大毅選手は、見た限りでは完全に憔悴した状態だった。内藤大助選手と対戦したときの明るく染めた頭は丸刈りになっていた。終始うつむいたまま、顔を上げず、周りの人に抱えられる状態で会見場を後にした。

終始うつむいたままで「無言」

   亀田大毅選手と父・史郎氏は2007年10月17日、日本ボクシングコミッション(JBC)で会見した。史郎氏は、「色々とご迷惑をかけて申し訳ありませんでした。これから一歩一歩やっていきますので今後ともよろしくお願いします」と謝罪。大毅選手にも謝罪の順番が回ってきたが、終始うつむいたままで「無言」を貫き、周りの人に抱えられる状態で会見場を後にした。

   大毅選手については、内藤選手との試合後、「台所で包丁をずっと見つめている」というようなショック状態にあることが、父・史郎氏や東日本ボクシング協会の大橋秀行会長の口からメディアを通じて明らかにされていたが、この日も大毅選手は完全に憔悴しきっている様子に見えた。

   一方、史郎氏には記者からの質問が相次いだ。

   大毅選手の状態について史郎氏は、「家でもずっとあの状態」とした上で、「自分せいいっぱいの気持ち」で会見前日に自分で丸刈りにしたと述べ、

「みんなの前に出て、しゃべられんかっても、とりあえず態度だけ示そうという気持ちがちょっとでもわかってもらえたらな、と思ってやったと思います」

と説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中